将来を見据えて働く

ネイリストになるために、資格や検定試験を突破してきたという人もいると思います。
そういった方々がネイリスト求人をもとにネイリストになるわけですが、
皆さんはネイリストになってからの将来について考えたことはあるでしょうか?
今回はネイリストとして将来を見据えた働き方について詳しくご紹介します。

ネイル産業は日々進化を続けています。
ジェルネイルやスカルプチュアといったネイルが現代では主流となっていますが、
10年後には全く新しい形のネイルアートが女性の指を飾っているかもしれません。
そんなネイル業界の移り変わりについて敏感に察知し、
自らの糧として取り入れていくことがネイリストとして長く働くための秘訣です。
ネイリストはネイルサロンなどの施設で働く従業員の一人でもありますが、
現実は他のネイリストとお客を奪い合う状況になることも少なくないのです。

ネイルサロンによってはお客から指名された機会によって給与が変わるという制度を取り入れており、
お店の看板になるようなネイリストがいてくれた方が助かるのも事実です。
反対に、お店に貢献出来ないネイリストは失職する恐れも否定出来ません。
常に流行を察知し、お客に勧められるほどに知り尽くしたネイリストは、
時代の流れに取り残されることなくネイルアートの施術を続けていけることでしょう。
どの職業にも言えることですが、同じ環境で働き続けているとマンネリを感じてしまいます。

これはアーティストとしての側面もあるネイリストにとっては死活問題です。
マンネリ化は感性を鈍らせるだけではなく、挑戦心や向上心も奪い去ってしまいます。
このままでいいだろうという甘えや油断が、ネイリストとしての進化を妨げることもあるのです。
そのため、将来的には独立する、もしくは他のお店で働くという選択肢を頭の片隅に入れておいてください。
自分にとってより良い環境を探し、そこに挑戦する心を常に持ち続けることがネイリストとして働くモチベーションにもなるのです。

注意していただきたいのは、同じお店で働くことが絶対的に悪いというわけではありません。
マンネリ化を避けるために出張ネイリストのサービスを始める、
お店の中での地位を向上させて、経営や企画にも係わっていくことで、ネイリストとしての見識を広めるのも重要なことです。
将来的にお店を持ちたい、自分でネイルサロンを開きたいと考えている人は、若い頃からお金や経験を蓄積していきましょう。
ネイルスクールではネイルサロンを経営するノウハウに関する講座も開かれているので、そちらを受講するのもおすすめです。
息の長いネイリストになるためには、大志を抱いて働くことが不可欠といえます。

ネイルサロン以外でも働くネイリスト

ネイリスト求人を眺めてみると、ネイリストが就職する道の多くはネイルサロンに繋がっていることが見て取れます。
ネイリストを志望した皆さんの中にもネイルサロンで働くネイリストの姿を想像する方が少なくないことでしょう。
しかし実際は、ネイルサロン以外にも就職しているネイリストは大勢存在するのです。
今回はネイリストが働くネイルサロン以外の場所について詳しく見ていきましょう。

おしゃれは一部だけにこだわっても完成しません。
頭から足先まで統一したイメージを持つことが、バランスの取れたおしゃれに繋がります。
ヘアスタイルとネイルを同時に変えることが出来る美容室では、
ネイリストを募集している光景がよく見られます。
トータルコーディネートという観点から見ても、ネイルとヘアは切り離せないのです。
美容室で働くネイリストとネイルサロンに就職するネイリストの違いとしては、
ネイルだけでなくヘアスタイルに関する知識も必要になるという点です。

いくらネイルの技術が優れていても、ヘアスタイルに合ったデザインを提供出来なければそこでの仕事はままなりません。
そのため、美容師と頻繁に交流を図り、ネイルとヘアスタイルが渾然一体となった
コーディネートについて深い見識を持つことが求められるのです。
髪型だけでなく肌やスタイルを整える場でもネイリストの需要は存在します。
その代表例がエステサロンです。

エステではマッサージやスキンケアといった様々な施術が行われますが、
ネイルケアやネイルアートもその一環として取り入れているエステサロンではネイルストが働くこともあります。
また、ネイルケアはリラックスを誘引するものでありエステとの親和性も高いのです。
ネイルケアだけを求めるお客も多いので、それに合わせた施術を勉強することが、
エステサロンで働くネイリストとして成功するための近道です。

リラクゼーションという意味では銭湯をはじめとした入浴施設で働くネイリストも多く存在します。
身体を綺麗にした後にネイルを整えたいという気持ちは女性の皆さんであれば理解出来ることでしょう。
出張ネイリストとして活動するのであれば、介護施設や高齢者が集まる施設で施術をする機会もあります。
これはネイルケアによって福祉活動をするというもので、福祉ネイリストとも呼ばれています。
高齢者におしゃれをする機会を与えるという重要な役割であると共に、福祉に貢献することも出来るのです。
ネイリストが活躍する場は少しずつ広がりつつあります。
ネイルサロンだけにこだわらず、幅広い選択肢があることを頭に入れたうえでネイリスト求人に目を凝らしてみてください。

ネイリストが使う道具

ネイリストは爪に関するプロであり、道具にもこだわる人が少なくありません。
ネイリスト求人を参考にネイリストへの道を歩もうと考えている人は、
ネイリストがどんな道具を使っているのか知っておくと、将来の役に立つことでしょう。
今回は、ネイリストならこだわりたい道具について詳しくご紹介します。

ネイリストはジェルネイルやポリッシュを爪に施すだけではなく、
爪そのもののお手入れをすることも仕事に含まれています。
男性がハンドケアに訪れたときや、女性の爪にネイルアートを施す前など、
爪やその周囲を清潔にする機会は枚挙に暇がありません。
そのときに活躍するのがニッパーやプッシャーと呼ばれる道具です。

こちらは爪の周囲にある甘皮を剥がすために使われます。
ペンチにも似ていますが、爪という敏感な部分に触ることになる道具ですから繊細な手つきで扱う必要があります。
刃先の切れ味の良さも大切ですが、何よりも自分の手に馴染むものをいつも用意しておきたいところです。
爪の表面を磨くときに用いるのがファイルと呼ばれるやすりです。
やすりは目の粗さによって爪にあてたときの磨き具合や光沢が変わってきます。
そのため、複数のファイルを用意してお客の爪に合わせて使い分けられるようにしておくと良いでしょう。

ネイリストが施術するネイルアートの中でも最も基本となるのがポリッシュ、いわゆるマニキュアです。
一口でマニキュアといっても様々な種類があり、ネイリストであれば
ラメが入ったものやマットな質感のタイプ、さらにはパール系などを用意しておくとお客の要望に応えやすくなります。
ジェルネイルではベースジェルとトップジェルという2つの素材で光沢や透明感を演出します。
カラージェルで綺麗な色味を爪に乗せても、ベースやトップがいまいちだと、
全体の仕上がりもくすんでしまうのです。

ジェルネイルは一般的にライトをあててジェル剤を硬化させますが、
ライトの種類によって乾く速さも変わってくるので気を付けましょう。
ネイルサロンで働く際には、ご紹介したような道具のうち何を自分で揃えた方が良いのかを確認することが重要です。
ポリッシュなどの消耗品はネイルサロンの側で負担してくれることもありますし、
反対にネイリストの側が責任をもって管理するというネイルサロンも見受けられます。
お気に入りの道具を使い続けるのも良いですが、
トレンドを取り入れて新しいものに切り替えていくチャレンジングな心も、ネイリストには必要です。
ネイリストとして成功していくために、道具選びにもこだわっていきましょう。

ネイリストと副業

お金は人生の選択肢を広げてくれる魔法の紙束です。
お金を稼ぐことが人生の全てではありませんが、
お金を稼いだ方が人生で出来ることが増えるのは自明の理といえます。
ネイリスト求人からネイリストへの道を歩み始めた皆さんは、
ネイリストが副業でも稼ぎやすい職業だということをご存知でしょうか?
今回は、ネイリストならではの副業について詳しく見ていきましょう。

ネイリストの副業としてよく見られるのが出張ネイリストです。
出張ネイリストとはその名の通り、お客の側にお店に来てもらうのではなく
ネイリストがお客のお家を訪ねて施術するというタイプのネイリストです。
ネイルサロンが出張ネイリストのサービスを展開していることもありますが、
ネイリスト個人がお客との関係性を深めたうえで出張ネイリストとして活動している姿もよく目にします。
ネイリスト同士の横のつながりを利用してお客を紹介してもらうのも良いですし、
友人や家族に声をかけて実際に出張ネイリストの技術を披露し、口コミで噂を広げてもらうという広告の方法もあります。

求人情報だけではなく、ネイリストの役に立つコンテンツを発信するサイト https://www.nailist-jobs.jp/

ただし、副業として出張ネイリストをする場合には本業の方と予定が被らないように気を付けましょう。
出張ネイルサロンはあくまで副業という意識を持つのが前提ですが、
もしも本業のネイリストよりも出張の方が稼げると感じたら、
所属しているお店を辞めてネイリストとして独立するのも一つの手段です。
ネイリストがやる副業としてポピュラーなものといえば、ネイルチップの販売も見逃せません。
インターネットの通販サイトやフリーマーケットアプリなど、最近では個人間での売買契約を結びやすい時代になっています。
ネイルチップは空いた時間に作成出来るので、片手間で副収入が得られるのが魅力で、
子育てや家事、本業のネイリストの仕事で忙しい人でもネイルチップ販売ならば気軽に始められることでしょう。

ネイルチップを売る際には、見本となる写真の撮影に気を配りましょう。
照明や背景にこだわり、最も美しく見える画像を通販債やアプリに載せるのが売れるためのコツです。
SNSなどで自分のネイルチップを日頃からアピールしていると、買い手がつく可能性も高まります。
ご紹介したような副業を自分が所属している職場に許可なくやるのはおすすめ出来ません。
労働契約によっては副業を禁止しているところもありますし、
むしろ副業歓迎を売りとしてネイリストを募集している施設も見受けられます。
ネイリスト求人を良く見たうえで副業に関する記載を確認し、
ネイリストとして働き始めたら本業が疎かにならない頻度で副業を始めていきましょう。

ネイリストと歩合制

お仕事をするにあたって重要なのは、どれだけ給料をもらえるのかという点です。
労働は対価が払われてこそ責任と品質が保証される可能性が高まります。
ネイリスト求人をもとにネイリストとして働き始めたいと考えている人は、
給与の条件に歩合制という文字を見つけられることでしょう。
今回は、ネイリストという仕事における歩合制について詳しく見ていきましょう。

ネイリストの働き方としては、一カ月給料があらかじめ決まっている固定給で雇われることもあります。
固定給のメリットはお店の売り上げが多少下がったとしても給料が保証される点です。
病気や突然のケガなどで仕事を休んでしまった場合も、固定給であればある程度の給料を手にすることが出来ます。
一方の歩合制は働いた分だけ、すなわちお客に施術をした分だけが給料として支払われるというものです。
固定給と何が違うのかというと、頑張った分だけ目に見える成果としてお金が振り込まれるという点にあります。
固定給では一日に十人施術しようと、その半分の人数しかお客にネイルを施さなくても基本的に給料は変わりません。
一方で歩合制は捌いたお客の人数、もしくは単価によって自分の働きぶりが評価され、給料にも直結するという方式です。

歩合制の中にも種類があります。
基本となる給料は固定給よりも低めに設定しておきながら、
歩合制の部分でもある程度評価するというのが一部歩合制です。
ある程度の基本給が保証されているのは、生活の安定を求める人には嬉しいポイントといえます。
一方で、完全歩合制は皆さんの仕事の業績が全てです。
一人もお客と相対すことが無ければ給料もゼロですし、
反対に同じネイルサロンで働く誰よりも仕事をすれば給料の額でトップに立つことも出来ます。
歩合制といっても何を持って評価の対象とするかはお店ごとに分かれています。
ネイルチップやコース料金など、実際にお客が支払った額によって仕事ぶりが決まることもありますし、
お客から指名された数が多いほど高評価をもらえるネイルサロンもあります。

さらには、お店で販売しているネイル用品をどれだけお客に買ってもらえたかが
歩合制の対象となるネイルサロンも存在するのです。
歩合制はやりがいを感じるという人も多い一方で、同じお店で働くネイリストと
競争するのを嫌う人にはあまり向いていないかもしれません。
固定給か歩合制か、歩合制の中でもどのタイプの歩合制が自分に合っているのか。
ネイリスト求人で働くネイルサロンを探す前に、給料の支払い方法についてきちんと考えを巡らせておきましょう。

ネイリストを目指すにあたって

ネイリスト求人を手に取っている皆さんは、ネイリストに関して少なからず憧れを抱いていることでしょう。
ネイリストはお客の爪を煌びやかに飾るスペシャリストです。
爪という非常に小さな部位にカラーやストーンを施すことで、一連の芸術作品にまで昇華させます。
しかし、ネイリストを目指すにあたってはネイルの技術以外にも必要なことがあるのです。
今回は、ネイリストになりたい方が知っておくと役立つ、ネイリストの隠れた素養について詳しく見ていきましょう。

ネイルサロンで働くネイリストの場合、一人でも多くのお客を捌くことがお店の売り上げに直結します。
そのため、ネイリストはときに複数のお客を相手にしながらネイルを施すこともあるのです。
どちらのお客にも気を配りながら、ネイルの出来栄えをチェックしつつ
作業工程を頭の中で組み立てるのは難しい作業といえます。
複数の作業をこなすスキルは簡単に身に着くものではありませんが、
忙しいネイルサロンで働くのであれば必要な技術でもあるのです。
そのため、普段から一つの作業に没頭するだけでなくマルチタスクな対応が
出来るように訓練しておくとネイリストとして働き始めたときに役立つことでしょう。

ネイリストは優雅なひと時を演出する役割を担っていますが、ネイリスト本人は体力勝負であるといえます。
お客の予約がある限り休憩を取るのも難しいというお店もありますし、
お客から指名されている場合は休憩中でもお店に呼び戻されるケースが少なくありません。
そんなときでも笑顔でお客と対面し、笑顔で接客する体力と精神力が求められるのです。

ネイリストは探求心の塊である人が多いといえます。
常に新しいネイルアートを探して様々な情報を収集し、自分のネイル技術を高めていくのです。
大手のネイルサロンであれば所属しているネイリストに対して一定の水準を求め、
研修を開いてくれることもあるでしょう。
しかし、それでもネイリストは一人の独立したアーティストであるという事実に変わりはなく、
ネイリストそれぞれが独自のデザインを持ったジェルネイルやスカルプチュアを日々考えているのです。

これをお客に勧めたりすることで、他のネイリストと差別化を図ります。
するとオリジナルのネイルアートを目当てにお客が集まり、看板ネイリストとしてお店に
不可欠な存在となることが出来ます。
ネイリストはお金を得るために淡々と作業をするだけの人が務めるのは難しい職業です。
自分の技術を磨き続けたいという向上心は、将来に亘ってネイリストとして活躍していくうえで欠かせない素養といえるでしょう。